子どもと安全に住める工夫

我が家には就学前の二人の子どもがいます。
とても元気で、毎日いたずらばかりします。
いたずらは頭をよく使うので悪いことではないはずだと考えているのですが、ついつい怒ってしまいます。
いたずらといっても、笑えるものと、笑えないような危険なものがあります。




危険なものは、最悪生命に関わってくるので、強く言い聞かせるようにしています。
ただ
やはり限界はあるので、物理的な制限をしたりします。
例えば、赤ちゃんがいる家庭では小さいものを下に置かないようにする、という感じです。
我が家の子どもたちは、最近ハニカムシェードを開けて、窓から外を見るようになってきました。時々鍵を開けようとしたりします。
2Fで窓を開けてしまうと、落下リスクが出てきます。
我が家の場合、特に主寝室の窓が危険です。

ベッドの上にある窓です。ベッドにのっていたずらできます。
外にはフラワーボックスがあるものの、落下リスクは高いです。
かといって狭い我が家、ベッドを窓から離すこともできません。
この窓、ロックが二つあります。

一つ目はセキュリティーのメインともなるこの鍵。ロック機能もあります。
もうひとつは、

窓の解放範囲を制限するロックです。
この二つの鍵、、、
子どもたちの手が余裕で届くんですよね~。




その上、もう開錠もお手のもの★
なので、ひとつ追加しました。
手の届かない、サッシ上部に。

普通にホームセンターで数百円で売っているものです。
両面テープでつけてあるだけなので、力いっぱいすると外れるかもしれませんが、
大人が通常の力で開閉する分には外れませんでした。
つける場所や解放量も自由に決められるので、あと数か所つけています。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA