問題発生!玄関へのアプローチ階段が作れない!?

引渡しが5月25日でした。
その後、すぐに外構業者の工事が入りました。
外構を外注する場合は、一条工務店の工事とは別になるので引渡し後にスタートが原則となります。
ただ、全く融通が効かないわけではなく、我が家の場合も引渡しの数日前には外構工事開始可能と一条サイドから許可を得ていました。




ただ、外構業者の職人さんの手配の都合で引渡し後となりました。
そんなこんなで無事工事開始になったのですが、
実は、引渡しの2週間前に行った外構業者との現場での最終打ち合わせの際に問題が発生しました。
まぁ、私のミスなのですが、、、
家の外回りには排水枡というものがあります。
排水管は落ち葉やごみなどで詰まってしまうことがあるそうですが、その都度排水管を掘り起こすわけにはいきません。
そこでメンテナンスしやすいように構造的に詰まりが起きる可能性が高いところに点検口のようなものを設けます。これが排水枡というそうです。

その排水枡の位置を、外構業者の事務所で行っていた打ち合わせのときに聞かれていたのですが、
一条の建物図面に書かれていた丸印のみですと、伝えていました。
設計の方は怪訝そうに何度も聞いてくれていたのですが、深く考えていませんでした。
そして、日が経って現場での打ち合わせに行くと、すでに設計の方が来ており、困った表情をされていました。
アプローチ階段の端がくるところに、大きな排水枡があったのです。

赤線が本来、階段が来る予定だった位置です。
オレンジ線が排水枡(化粧桝になってます)です。当初のプランでは排水枡が階段からはみ出してしまいます。
申し訳なさ気な私に対して、
設計の方は、「設計やり直しです。よくあることなんで気にしないでください。」とフォローをしてくれていました。




後日、外構業者さん、水道業者さん、一条の現場監督さん、あと一応私で最終打ち合わせをしました。
水道業者さんと一条側の負担で、排水枡の位置を若干ずらして、外構業者さんがそれに合わせたプランを再度提示してくれて、無事アプローチ階段ができることになりました。
当初の予定よりも少し急な印象の階段になりましたが、とても気に入っています。皆さんに感謝です★
あと、実は排水管の設計図もありました。
一条工務店側に依頼するとすぐにもらえました。。。

他の方のブログもどうぞ★

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA