Web内覧会★階段下収納、リビングに大きな収納スペースを確保しました

あまり大きくない家を、少しでも広くみせるには、生活空間になるべく嵩張るものを置かないことが大事かなと考えています。
頑張って断捨離してもいずれは物が増えてしまう欲深な私にとって、いかに収納スペースを確保するかが大事でした。
そのひとつが、階段下収納です。
まだ書いていませんが、階段上収納(押入れ)を作っています。
階段の上下は収納スペースの宝庫です。
かなり広い空間が得られたので内覧会をします。

我が家はリビング階段です。
玄関からリビングに入るとすぐに階段下収納の扉があります。
これをあけると、
奥行171cm、幅75.5cmの空間が姿を現します。

高さは入ってすぐは239cm、中で低くなり151cmとなります。
小屋裏収納よりは高いですね。
170cmの私ですと物を出し入れするのにそんなに不便は感じません。
一回だけ頭を打ちましたが…

突っ張り棒はホームセンターで購入した一般的なものです。
玄関の横で服をかけるクロークとしての機能も持たせました。
このスペースに床下点検口を設けています。
床下点検口があるところは床暖房を設置できません。
なので、階段下収納のような元々床暖房を設置できないところに設けました。
床下点検口があると動かせない棚などを置けなくなります。
今はわりと軽量である子どもたちのおもちゃ箱を重ねて置いています。
床暖房のシステムボックスもここに設置しています。
さて、写真をみると左奥にスペースがあります。
ここはかなり背の低い空間があります。

この空間は開口部の幅75cm、高さ90cm、奥行90cmあります。
1年に1回程度しか使わないようなものをここにいれています。
cad図面でみると、

扉を玄関側に設置することが可能でした。
床下収納の使い勝手としては、玄関側が扉の方がよかったかもしれません。
ただ、玄関は家の顔と考え、図面の位置に扉を設置しました。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA