土地探し前の仮契約、100万円也

入居者宅訪問と工場見学が終わったところで、大きな決断をすることになりました。
まだ土地がないのに仮契約です。
土地がみつからなかったら私のお金はどうなるのか?など不安はありました。
思い返せば、家づくりを決心し、ネットで一条工務店をみつけてから
何となく、一条で家を建てるのかな、という予感はあったのですが、
実際に仮契約となるとやはり悩みました。高い買い物ですから…。





不安はやはり土地がみつかっていない段階で100万円支払う必要があることでした。
仮契約前に口頭にて、見つからなかった場合は全額返金されるということを聞いたうえで話をすすめました。ちなみに土地が見つかり本契約にいけば、仮契約金は着手金の一部になります
改めて、仮契約書に書いてある内容をざっくりと記載します。

『仮契約の解除』項目
①公的住宅融資・住宅ローンの融資が不可能な場合
②自分か一条工務店が、破産や会社更生などの申し立てがあったとき、滞納処分をうけたときなど
③社会的にこわい人であったとき
『仮契約金の返還』
仮契約後1年以内に本契約に至らなかったとき、解除項目に該当したときは
仮契約金からそれまでにかかった費用を差し引いた額を無利息にて返還する。

…ざっくりと書き出してみました。
土地が見つからない場合以外で、仮契約できないのは、
ローンが組めない・その他経済的理由により家を買う資金の目途が立たないとき、
一条工務店が倒産したとき、ということになります。(現状は健全な経営状態とのことです)
問題は、どこまで、返金されるか?ということ。
私が営業さんに言われたのは、
「土地がない場合は一円も引かれず返金されます。土地の契約まで行ってからの解除は経費が引かれます。でも、基本的にそういうことはないようにお願いしますね。」みたいな感じでした。

私たちのように土地探しから始める場合、地盤調査は土地の契約以降になるので、地盤調査などの経費は解約した場合帰ってこないでしょう。
土地ありの仮契約の場合も同様と思います。
というのも、地盤調査では機材を入れて調査します。費用は発生して当然ですね。
逆に、営業さんが土地情報をたくさん持ってきてくれても、土地契約に行かなければ、営業さんの努力は報われず全額返金です。




土地契約から地盤調査の間の解約については諸説あるようです。
契約時はかなり労力を使っていたので、
ペナルティーがあってもやむをえないかもしれません。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA