太陽光発電の弱点…テレビアンテナをどうするか?

建築時に結構悩んでいたのが、「テレビアンテナをどうするか?」ということです。
前住んでいた家では、あまり深く考えずにeo光のネット・電話・テレビに加入していました。
月々の料金は、基本料金だけで6824円でした。

結構しますね。
これをテレビをやめて、ネット・電話にすると基本料金が5486円。
1338円の節約になります。
年間にすると16056円の節約になります。結構大きいですね。




設計時に営業さんよりテレビアンテナを設置する場合は必ずフラットアンテナ(平面アンテナ)を壁面に取り付けるようにしてくださいと言われていました。
かつては八木アンテナと呼ばれる魚の骨みたいな(私にはそう見える…)アンテナを屋根に載せるのが一般的だったかと思います。
今も、電波が入りにくいところはそのようにすると思います。
しかし、屋根に取り付けるということは、必ず屋根に影を落としますね。
一条工務店で太陽光発電をチョイスした場合、屋根の大半が発電パネルになるかと思います。
そこに影が落ちると、その部分は発電しないので、発電効率は少なからず低下します。
だから、アンテナを設置する場合はフラットアンテナの壁面設置が望ましいというわけ。
この点を除く、メリット・デメリットを考えてみました。
アンテナのメリットは一度設置すれば、壊れたりしない限り、月々の負担はないというのが一番だと思います。デメリットは、雨などの影響で映りが悪くなることがある、地域の構造物で突然映らなくなる場合があるということがあげられます。
eo光のテレビなどのメリットは、とにかく映りが安定する。BS、CSに加入してもアンテナを増やさなくてよい。デメリットは、月額基本料金が必要であるということがあげられます。
私の実家は、ずっと八木アンテナを使用していたのですが、近所の中学校が建て替わったときに突然電波が入らなくなり、ケーブルテレビへスイッチせざるをえなくなりました。
アンテナの寿命は約10年、フラットアンテナの本体+設置費用は7万円程度のようです。eo光テレビの加入をやめた場合、10年間160560円の節約になります。ここからアンテナ代を払ったとしても90560円の節約になります。
心は決しました。eo光の引っ越しナビで、新居でのテレビ加入は中止するというむねを申し込みました。
引っ越し時に利用サービスを減らす場合は、回線の引き上げ工事代がかかるということでしたが、それでもお得でした。
お得のはずでした。。。




そのあとに以外な事実が判明しました。
私が住んでいる市は基本的にテレビ電波が強力な地域なのですが、
私の住んでいる場所は、南・西の大きな建物の影響で電波が入りにくい地域となり、
八木アンテナ適応となるとのことでした。
業者を変えて、質問しても同様の回答で、フラットアンテナしか考えていないというと、電波測定も無料では引き受けてもらえませんでした。実際に我が家の周囲の新築の家でもフラットアンテナを採用されている人はいませんでした。
さてこまりました。
急いでeo光に電話し、引っ越しナビの修正を依頼しました。
新居の再調査を迅速にしていただき、追加工事費を払わなくてよいタイミングで解決できました。
建築中に一条工務店のオプションでテレビの電波調査ができればよかったのにな、と思います。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA