エアコンの配管、見た目すっきりの隠ぺい配管

前の家のときは、電気代が嵩むのでなるべくエアコンを使わないような工夫をしていました。
今の家は、リビングの窓と道路が近く、窓を開けると音が外に漏れてしまうこと、エアコンがすぐに効くこと、空気性能が高いことから、エアコンを多用しています。

家電に頼るけど、電気代はある程度安く済むという生活を送っています。
夏のエアコンの設定温度は高めにしているので、エアコンが苦手な私も無理なく生活できています。
エアコンは床暖房を導入すると、1つセットでつきます。




後の部屋は、前の家からの持ち込み+新規購入です。
新規購入は一条工務店の設計のときにも設定できましたが、我が家は家電量販店で購入しました。
そして、エアコンの配管です。
家電量販店でつけたエアコンは、家の裏側に配管がくるので、化粧カバー代を浮かせるためむき出しにしました。

雨樋に隠すようにしてくれているのですが、美しいとは言えない仕上がりです。
前の家からの持ち込んだ分は、引っ越し業者斡旋の電気店で行いました。
取り外し~取り付け、ホース入れ替え、化粧カバー導入のセットプランでした。
化粧カバーをつけたのである程度すっきりです。

外から見えるところの配管は、化粧カバーしたいと思っていました。
化粧カバーは意外と高くつきます。
設計のときに、室外機を置く場所をある程度考慮できるようなら、




エアコンのホースがなるべく短くて済むように設定しておいた方がよいでしょう。
床暖房とセットのエアコンは、設計の段階で壁内を配管が通る「隠ぺい配管」にしました。

赤がエアコンの位置、青が室外機の位置です。
エアコンのある壁側でなくても室外機を設置できます。
そして見た目もすっきりです。

付け替えの工事は少し大変かもしれませんが…
メリットはたくさんあるかな、と思います。
追加費用もありませんでした。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA