窓の性能。快適生活の必需品

一条工務店といえば、冬の快適さに目が行きがちです。
実は夏にも気密性断熱性が威力を発揮し、クーラーの効きがよいです。
夢の家のサッシには、一般的なアルミサッシではなく、樹脂サッシが採用されています。
樹脂サッシは熱伝導率が低いので、外の熱を室内に入れにくいというわけです。




工場見学にいくと、床暖房を体験できる部屋で、
アルミサッシと樹脂サッシを触り、冷たさを比べてくださいと言われることがあります。
これは、ちょっと違うかも?

金属は熱伝導率が高いので、人が触ると熱を奪われるので冷たく感じるんじゃ?
夏でも室内にある金属は冷たく感じます。。。
でも、樹脂サッシが、家の性能に重要なのは事実で、
冬に窓際にいても、あまり寒くないです。
実は、一条工務店の窓、タイプによって断熱性能が異なります。
断熱性能を示す、窓の省エネ建材等級表示区分です。
以前は窓とガラスとサッシは別々にラベルがあったそうですが、平成23年からは窓ラベルに一本化されており、
このように分けられています。

星の数が多いほど、性能が高く、最高4つ。4つ星です。
我が家の通常の窓は、ペアガラス、間にアルゴンガスが封入されています。
(今はトリプルガラス、クリプトンガス封入が標準となっています)
格子が入っている窓ガラスですが、

当然の4つ星です。
続いて、ブラインド内蔵ガラスはというと、

3つ星~。
ブラインド内蔵されると、アルゴンガスが封入できなかったそうです。
ガスの有無で☆ひとつ変わるとも言えますね。




このガラスはどこでも採用できるわけではなく、
キッチンと浴室に限られます。
我が家は浴室のみです。
冬場にシャワーのみにしていると、窓の方から、少し冷たい空気が流れくるかな、という感じですが、
床暖房がフォローしてくれます。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA