グレーチングの騒音防止ゴム

土地と道路の間には溝があることが多いと思うのですが、
人や車が通過するところには、こんなグレーチングと呼ばれるものが設置されることがほとんどだと思います。
でも、これ、少しでも浮きがあると人が歩いたときとかにガッチャンガッチャンと五月蠅いんですよね。

音を緩和してくるのが、騒音防止ゴムです。
両面テープでグレーチングの裏に貼り付けます。

我が家の駐車場は、奥行1.7m、実質間口4.5mぐらいです。
そのため、きちんと車を駐車場に収めようとすると、
少なくとも1回は切り返しが必要になることが多いです。




そして前輪がグレーチング上にあるときにハンドル切る確率が割と高いです。
これをすると、
グレーチングが浮き上がってしまったり、横ずれしてしまったりします。
これ自体は直せば済むんですが、
騒音防止ゴムがねじれて取れてしまうのです。
これを直すのが結構めんどくさい。
何度も何度も直しているうちに
ゴムに変なねじれ癖がついて、グレーチングを溝にはめようとした瞬間に外れたり、、、
それでもできればつけておきたいと思っていたのですが。
先日ついに諦めました。




溝に落下していた騒音防止ゴムを拾い上げ
ごみ箱へポイッ!!
今のところ苦情は来ていません。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA