建築費用の支払いスケジュールについて

家を建てるとき、私を含めほとんどの人がプライベートでは目にしたことがないような金額が動きます。
とても綿密な資金計画が必要になります。
そのためには、まず敵(?)を知る必要があります。



一条工務店では、
契約締結時に100万円を支払います。
これは土地が見つからなかったときなどは無条件で解約できます。
また、このお金はのちの着手金に充てられます。
家にかかる費用そのものは、一条工務店では
3分割して支払っていきます。
まず工事着手承諾書にサインすると発生する着手金です。
着手金は家にかかる費用の1/3から契約金100万円を引いた額となります。
そして、家にかかる諸費用を前もって一条工務店に預ける預り金80万円も納めます。
この預り金は、諸費用が安く済めば返ってきます。
続いて、基礎工事が終わり、上棟に移る際に発生する上棟金です。
家にかかる費用の1/3となります。
最後に、賛否両論ありますが、
引き渡し前日までに発生する最終金です。
これは残金となります。



我が家のスケジュールは、
土地探しをお願いした4月上旬に契約金
土地がみつかり、全ての設計が終了した11月に預り金+着手金
翌2月上旬に基礎工事着工し、3月の上棟が始まる前に上棟金
引渡し1週間前の5月中旬に最終金
という流れでした。
はじめに営業さんに大まかなスケジュールを聞き、
支払い方法を考え、その通り実行していきました。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA