スマートバスの床は、結構いいな~と思います。

今回はスマートバスの床についてです。
デザインに目が行きがちですが、よくよく考えてみるとなかなか機能的なんです。

前住んでいた家は、お風呂のみ入居中にリフォームしてもらい、
有名メーカーのユニットバスが入っていました。
銀イオンコーティング散布によるヌメリ防止機能、24時間換気、
翌日には乾く床、空調・浴室乾燥機など、なかなかの装備を誇っていました。




しかし、我が家のスマートバスには、
そんな機能は搭載されておらず、もしくはオプション採用せず、
タイマー機能付きの換気扇がついているのみです。

入浴後の床は、こんな感じです。子どもたちを風呂に入れる関係で9時ごろまでには入浴完了します。

カビ防止のため、入浴後、壁と床に水を捲いて室温を下げています。
そして、タイマーを10時間セットします。翌朝7時ごろにはオフになるぐらいの長さです。
床の溝がよく機能しており、ある程度の水はすぐに排水口に流れていきます。
さて、翌朝、

カラリと乾いています。
洗面器などを置きっぱなしにしたりすると、その下が少し湿っていたりしますが、
そのようなものを置かないようにすると、ほぼ綺麗に乾きます。
靴下で歩いても大丈夫なレベルです。
家自体の気密性が高いので、換気扇の機能を発揮しやすいのかもしれません。

メンテナンスについても、
以前の家では、銀イオンコーティングしても数日で水垢で床の溝が赤くなっており、こすり洗いをさぼると大変でした。
スマートバスは、石鹸が残っていたりすると、そのまま乾燥して白くこびりつくことがあるものの
普段は入浴後にカビ防止の水撒きがてらよく泡を流しておくだけで、床のこすり洗いは最小限で済むかなと思います。




質感についても、
床の固さもタイルのように固くなく、柔らかい印象です。
何よりも冬も床暖房が入るので冷たくなく快適です★

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA