11月の電気代+発電

11月は日照時間もどんどん短くなっていきますが、わりと天気の良い日が多かったので発電量は悪くない印象です。
床暖房は気温がぐんと下がった10月下旬以降夜間運転を続けています。
さて、どうなったでしょうか?

発電量は

565.48kWh(11/1~11/30)となりました。
一条工務店のシミュレーションによると11月の発電量は515kWhです。
シミュレーション比で+10%となっています。
昨年(574kWh)よりもわずかに発電量は減少したものの、我が家の11月平均は上回りました。




電気代(10/24~11/25) は

売り:591kWh、22458円
買い:446kWh、9379円
内訳はデイタイム13kWh、リビングタイム157kWh、ナイトタイム276kWhとなりました。
昨年同月の買電量は492kWhでした。床暖房が稼働するナイトタイムの使用量が特に減っているので11月は比較的温暖だったため買電量が減ったのだと思います。
売電量が、11月の発電量を上回っています。これは電気代の計算期間とのずれです。
10/24~10/31の発電量が多かったためです。

夢発電払いの額(太陽光発電システムのローン月額)は22810円。
これを含めて実際にかかった光熱費を、
収支=売電-(買電+夢発電払い)で計算してみました。
結果は、9731円の支出となりました。

以前住んでいた借家(築20年以上4LDK)の家では
同時期に電気を321kWh8379円、ガスを23立方メートル4891円使用、光熱費合計13270円かかっていました。




11月は現在の住居が電気代で勝りますが、
12月は逆転現象が起きることが多いです。でもやはり寒さは苦手なので我慢せずに床暖房使います☆

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA