2018年の電気代と発電

昨年の年間電気代と太陽光発電を総括します。
まずは我が家のスペックを振り返りたいと思いまーす。
本体:一条工務店 セゾンF 2階建て
延べ床面積:約29坪
太陽光発電:8kW
売電価格:38円/kWh
エネルギー:オール電化

発電量合計は9478kWh、シミュレーション値では7993kWhなので、+19%達成です。
昨年の9453kWhに続き、最高記録更新です!!
9月と12月こそシミュレーション値を下回りましたが、
全体的に発電は好調でした。




続いて電気代です。
収入:太陽光発電による売電分294,690円
支出:夜間や天候不良時などに購入した買電分116,342円
   太陽光発電システムのローン支払い分116,342円
結果:95,372円の出費となりました。月平均7,948円です。
発電は調子が良かったのですが、電気代は大幅アップしてしまいました。
昨年よりも年間で売電価格は7,000円ダウンし、買電価格は11,000円アップし、合計18,000円高くなりました。
7月、8月の30度後半の猛暑が、影響を与えたのかと思ってみたら、夏は例年通りの光熱費。
氷点下を連発した1月、悪天候で太陽光発電が伸び悩んだ5月、9月の影響が大きかったようです。

とはいうものの前住居と比べると、だいぶ安くなっています。
前住居のスペックは
本体:築約30年
延べ床面積:約35坪
太陽光発電:なし
エネルギー:電気ガス併用

収入:0円
支出:電気代138,904円
   ガス代59,694円
結果:198,598円の出費でした。月平均16,550円です。

グラフにすると、

橙線が前住居(電気+ガス)、青線が現住居(買電+夢発電払い-売電)となります。
つまり現住居では、買電、売電、夢発電払いも含んだ、実際の支払い額となり、マイナスになっている月は収入があったということになります。




結構強烈なインパクトがあります。
数字にしても年間約10万円も安くなっています!
しかも夏も冬も我慢することなく常に快適な状態をキープできています。

他の方のブログもどうぞ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA