明確な予算案!一条工務店の強み

家を建てると決め、初期段階で私たちにとって一条工務店は有力な候補でした。
でも、決まるまでに建売住宅や色々なメーカーの注文住宅に心奪われました。
人生で最も高い買い物だから当たり前です。
私たちが最後まで迷ったメーカーは住友林業さん。




モデルハウスの床の歩き心地は、それはもう最高で、
窓を大きく取れるデザインと相まって、有力候補になりました。
でも、モデルハウスで、「いいなぁ」と思ったものは、全てオプション…。
私たちの予算では、どんな家が建つのか正直イメージできませんでした。
その点で、一条工務店のモデルハウスは
ほぼ標準装備。
「いいなぁ」と思った設備が営業さんの言った坪単価で手に入る。
おまけに家そのものは高気密高断熱のハイスペック。
そして、予算です。
土地がない私たちにとって、家の予算というものは土地価格次第となってしまいます。
以前の記事とも重複してしまいますが、
私を担当してくれた営業さんは、
とりあえず土地があったとして、諸費用をもっともお金がかかる想定で仮計算をしてくれました。
例えば地盤改良費を、最も軟弱地盤であるとする、
道加入金を最も高い場合とする、
などで、諸費用を導き出します。
そして、こちらの希望する家の大きさに坪単価をかけた額(本体金額)を出します。
私たちの予算から、諸費用と本体金額を引いた金額が、
土地にかけられる額となります。

これで土地がみつかりそうならば、仮契約という流れになります。
難しい額ならば、シビアな話になり、
エリアを変える、予算を見直すという話になるでしょう。

私たちの場合は、何とか可能な範囲内となり、
土地も見事に、営業さんがシミュレーションした額と
全く同じ金額でみつかりました。
家の予算って、なんだかんだでオーバーしてしまうというイメージでしたが、
諸費用を高く高く見積もっているため、




なんだかんだで安くなっていき、その分想定しなかったオプションを追加するなどして、
我が家は予算よりも1万円だけ安くあがりました。
いらないものはいらないと営業さんが言ってくれました。
この点も一条工務店にしてよかったなぁとおもったポイントです。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA