【閲覧注意】入居後初のトイレ換気扇掃除~一条工務店のトイレ換気扇~

昨年も年末に大掃除をしました。
恒例のキッチン換気扇掃除、オリジナルテレビボードの下、シーリングファンの羽などなど
入居年数が進み、年々汚れが落ちにくくなってきた印象です。

ところで入居して6年以上、一切手をつけていなかったところがあります。
それは、トイレの換気扇。
↓これ。

換気扇のスイッチを入れると全面パネルが斜めに開いて、上側数㎝開くタイプです。

もちろん掃除しようと思ったことはあるのですが、
なんせ手でパネルを開けても掃除機がファンに届かないし、
なんせ気を抜いたらパタンとしまってしまうし、
なんせ説明書がないし、
といろんな言い訳を並べたてて、
きっとメンテナンスフリーだ~!!と決めつけて
ノーメンテで6年以上経過したという次第です。




ところが昨年末ごろから換気扇から埃が雪(?)のように舞い散るようになってきました。
雪といっても当然黒いのですが、、、

これはやばいと思って、説明書を探しましたがやはり無く。泣く泣く一条工務店の担当営業さんに電話。
(カスタマーセンターではなく、いつまでも担当営業さんに甘えてしまう迷惑な客…)
ちゃんと教えてくれました~。

こんなところにネジが♪
ネジを外して、パネルを

前方にエイヤ~と。
簡単に取れました。

そして、おぞましいものを見たのです。
決して

決して

メンテナンスフリーではなかったようです。
いや、フィルターなどがない分、

きちんとメンテナンスをしなければならない箇所のようで、

もうすごい埃で、どんな形状なのかもわからない有様。

え~、まずパネル裏~




閲覧注意でしょ~。
なんだ、このケムシみたいになっているやつは…???

そして換気扇側
そりゃあ、黒い雪も降りますね…。

マスクをしっかりして
6年分の埃を払っていきます。

パネルは簡単ですが、
換気孔は、一条の分厚い壁をトンネルのように貫通していっているのでなかなか大変です。
換気扇も回ってしまうので、かませをして長い棒を突っ込みつつ、落ちてくる埃を掃除機でキャッチしつつやっていきました。

パネル裏。

ケムシの正体はバネでした。

外壁側まではなかなか行き届きませんでしたが、横着な私にしては頑張りました。
これからはこまめにしようかな。と思いました。

そして、
お風呂の大掃除♪
あぁ

あぁぁ。

お風呂の換気扇も6年ほったらかし。
こわいこわい。。。。

他の方のブログもどうぞ★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


太陽光発電 ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA