【10年後】我が家の悲惨なオリジナルテレビボード

時間が経つのはあっという間で、もう1月も終わってしまいます。
2月にはいよいよ10年点検がやってきます。
基本的には、保証を延長するための工事を勧められるのでしょう。

といっても、それらの工事は普段住んでいる分にはそんなに気にならない箇所です。
唯一気になるのは、バルコニーの手すりに触れると塗料が手につくぐらい。
だめだけど…。

育ち盛りの子どもが3人いるので、家の中はボロボロです。




おもちゃ箱とか椅子は引きずるし、建具にラジコンぶつけたりしますし、
汚れた手で壁触りますし。
まぁ仕方ないのですが…。

そんなこんなで家の中でも特に気になっているのは
一条工務店のオリジナルテレビボード。

天板部分の塗膜が、

こんな有様に。
末っ子が歯の生え始めのころ、
なぜかわかりませんが、この部分をガジガジガジガジ…。
塗膜が剥がれ、そこからは塗膜が浮き上がったのか、どんどん剥がれる。
今はマスキングテープを張って凌いでいます。

こんな理由なので欠陥とかではありません。

話は逸れましたが、そんな末っ子も来年年長さん。
さすがにガジガジはしないでしょうから、そろそろ何とかしたいなと思っています。
見積もり頼んでみようかな。
高そうだな…。




他の方のブログもどうぞ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

一条工務店(一戸建)ランキング
一条工務店(一戸建)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA